授乳中でも我慢しないで!使用可能な市販薬タイレノール

授乳中に風邪を引いた時、薬は飲めないと思っていませんでしたか?

授乳中のママは基本的に、まだ小さい赤ちゃんを抱えていますから、病院なんて、行きたくないですよね。

病院に行けば、又何かの病気を赤ちゃんが貰ってしまうからと我慢する人も多いのではないでしょうか。

そんな授乳中のママでも、市販薬で治せる薬があります。

病院に行く手間も省けると、自宅でゆっくりと休む時間を増やす事ができます。

今回は、市販薬の中でも授乳中に安心のお薬「タイレノール」を紹介したいと思います。

薬局やドラッグストアで購入できる市販薬「タイレノール」とは

まず、授乳中でも飲める薬といえば、アセトアミノフェンです。

アセトアミノフェンは、病院で処方される解熱鎮痛剤として、広く使用されており、内科や小児科でも「発熱時」には頻繁に処方されている成分です。

もし、薬局に行って、タイレノールが無ければ、この「アセトアミノフェン」が入っているものを探し、薬剤師さんに再度確認するのが良いと思います。

タイレノールの特徴

タイレノールには以下の特徴があります。

  • 痛みに効く・・・熱を下げ、痛みを和らげる働きがあります
  • 眠くならない・・・眠くなる成分は含まれていません
  • 空腹時でものめる・・・空腹時でも飲める解熱鎮痛薬です

市販されている風邪薬などとは違って、眠くならないという点が薬の作用が強くないということを物語っていますね。

刺激が弱いので、授乳中の服用でも問題ありません。

タイレノールに期待できる効果

タイレノール服用で期待できる効果についてです。

 

頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・耳痛・

関節痛・神経痛・腰痛・筋肉痛・肩こり痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・

外傷痛の鎮痛・悪寒・発熱時の解熱

授乳中は「タイレノール」を常備しておけば、急な発熱時には対処できるので、必ず持っておきたい薬です。

もし熱が長引いて、中々下がらない事があれば、時間を作って産婦人科、もしくは内科を受診しましょう。

私は「乳腺炎」を知らず内科を受診したら、「原因不明の病気です」と診断されてしまった事がありましたので…。

高熱が続き,母乳が張る場合は「乳腺炎」になっている可能性も視野に入れて、受診してくださいね。

また、病院にかかられる場合は「授乳中です」と、一言必ず伝えましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です