授乳中にお酒を飲んではダメな理由とは?

お酒(アルコール)は、授乳中に飲んではいけないとよく聞きますよね。

もともとお酒が大好きな人であれば、妊娠中から産後もお酒を我慢するのはつらいですね。

なぜ、母乳をあげている間、飲酒してはいけないのでしょうか。

アルコールが含まれた母乳が赤ちゃんの口へ

授乳中にお酒を飲むと、ママの血液からつくられている母乳にもアルコールが含まれてしまいます。それを赤ちゃんが飲んだら…。考えると恐ろしいですね。

赤ちゃんがアルコールを摂取してしまうと、これからの成長を妨げるだけでなく、様々な成長障害を引き起こす原因となってしまいます。

アルコールが与える赤ちゃんへの影響

赤ちゃんが受ける影響は、ママがアルコールを摂取して受ける場合の約2倍です。小さな体に、2倍もの負荷がかかるのです。

それだけでなく、赤ちゃんはまだ、消化能力や胃腸の働きが未熟です。大人の半分の力しかないと言われています。

そのため、アルコールが含まれている母乳を飲み続けると、ずっとアルコールがまわっている状態が続き、発達の遅れに繋がります。それだけではなく、脳に障害が残り、知的の発達に問題が出る場合もあるのです。

赤ちゃんのためにも、授乳中はアルコールを我慢しましょう

ママの飲酒によって赤ちゃんに影響が現れてしまう症状は、一生治らないものもあります。

授乳期は長い人生の中で考えたら、ほんの少しの期間です。ですので、その間は大好きなお酒は我慢し、なにか他の物でストレス発散やリフレッシュをするようにしましょう。

今はノンアルコールビールやカクテルもたくさん種類がありますので、そちらを選ぶようにしましょう。ただし、ノンアルコール飲料にも微量にアルコールが含まれている場合があります。赤ちゃんには微量のアルコールであっても負担が大きいです。

そのため、完全フリーであるかどうか確認してから飲むように気を付けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です