ママが風邪の時、赤ちゃんに母乳を飲ませてもいいの?

出産後は、毎日赤ちゃんの世話と家事に追われて、ママは忙しいことと思います。

夜泣きや夜間授乳でなかなかぐっすり眠ることも難しく、知らず知らずのうちに疲労がたまって風邪をひいてしまうことありますよね。

授乳中に風邪をひいてしまうと、赤ちゃんへの母乳の影響が気になりませんか?

母乳で風邪菌はうつらない

ママが風邪をひくと、母乳に風邪のウイルスが入り込んでしまうのでは?と心配する人がいるかと思いますが、そんなことはありません。母乳は血液から作られていますが、赤ちゃんにママの風邪が母乳から直接移ることはありませんので安心してくださいね。

ただし、赤ちゃんとママは24時間ずっと一緒にいるため、単純に空気感染で移ってしまうケースは多いです。

できるだけ風邪がうつらないよう、マスクをするなど対策を行うようにしてください。

風邪の引きはじめには「葛根湯(かっこんとう)」がおすすめ

なんとなく頭が痛い、鼻の奥がムズムズするなど、風邪の兆候を感じたら「葛根湯」を服用するのがおすすめです。葛根湯は漢方で薬ではないため、授乳中でも安心して飲むことができます。

ドラッグストアにて購入することができますので、手軽で便利です。

葛根湯は「風邪のひきはじめ」に服用することで効果がありますので、風邪をすでにひいてしまった場合にはほとんど効果がありませんのでご注意ください。

葛根湯は授乳中にかかりやすい乳腺炎にも効果があります。

授乳中の病気の味方!葛根湯で乳腺炎を防ぐ!

薬を服用するときは医師に相談を!

本格的に風邪をひいてしまった時は、病院で薬を処方してもらうことをおすすめします。

授乳中のため、使える薬は限られているものの、母乳に影響のない薬を処方してもらえますよ。ドラッグストアで販売されている市販の薬は、授乳中にどんな影響を与えるかわからないため、自己判断で服用しないようにしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です