授乳期の夜間の寝かしつけは、添い乳が便利

赤ちゃんの寝かしつけは本当に大変ですよね。

抱っこでゆらゆら、おんぶをしてもなかなか寝てくれず、ママの疲労も蓄積してしまいます。そこでおすすめなのが、「添い乳」です。

添い乳とは

赤ちゃんと添い寝しながら、おっぱいをあげることを添い乳と言います。

ママも横になって寝た体勢で授乳できるので、体も楽なことがメリットです。

また、赤ちゃんおっぱいが大好きなので、授乳しながらだと安心感とお腹が満たされることで、安心して眠りについてくれます。

添い乳のやり方

まず赤ちゃんを寝かせて、横に自分に寝ます。赤ちゃんの頭を、ママの脇の下あたりになるように添い寝するのがポイントです。

このとき、ママは枕を使うと楽な姿勢で横になれますよ。横になったら、赤ちゃんを自分の方向に横向きにします。

赤ちゃんの背中に丸めたタオルやクッションを置くと体勢が変わらず安定しますよ。

ママはおっぱいを出し、赤ちゃんの口元に乳首を寄せます。3ヵ月を過ぎた赤ちゃんは、自分からパクっと吸い付いてきてくれるので、そのままおっぱいを飲ませます。

新生児でまだ飲むのがヘタな赤ちゃんは少々大変かもしれませんが、赤ちゃんの口にグッと深く乳首を含ませてあげると、ママも乳首が痛くありませんし赤ちゃんも飲みやすいです。

寝かしつけの際は、赤ちゃんが眠るまでおっぱいをくわえさせてあげましょう。

添い乳で気を付けたいこと

添い乳の場合は、乳首を浅くくわえてしまう場合が多いです。浅飲みになると、赤ちゃんが飲みにくいだけではなく、ママの乳首トラブルが起こる原因となってしまいます。

乳首が切れたり、傷ついたりすることもありますので、乳首を深くくわえさせてあげるようにしましょう。

また、添い乳している際にママも一緒に寝てしまい、気づかないうちに赤ちゃんが窒息してしまう恐れもあります。添い乳をする際は、赤ちゃんがしっかり呼吸をできているか確認することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です