赤ちゃんの便秘にオリゴ糖を試してみた結果

離乳食が始まりだすと、赤ちゃんが便秘になる事があります。

うちの息子も離乳食が進み始めてから便秘になりました。ほったらかすと1週間とうんちを出す事がないということもしばしば。

そんな中、あるものに出会い便秘解消に挑戦することにしました。

息子は1週間とたまったうんちを出す時に、毎回泣いて、泣いて、かわいそうでした。うんちが中々出ずに、疲れて寝てしまい、一日では出し切らずに、2日に分けてうんちを出すと言った事もありました。

そのうんちも、毎回血が付いていて、本当にかわいそうで、どうしたら良いものかと悩みました。

浣腸は一時的なもの

気になって色々と調べた結果、市販で赤ちゃん用の浣腸が売っているので、まずはそれを使用してうんちを出す事にしました。

浣腸をすると、腸が動きだすので、うんちが出ます。

が、うちの子の場合は,それでもうんちに血が付いていました。

 

他に何か無いかと探した結果、赤ちゃんの便秘には「オリゴ糖」が良いという噂が。

オリゴ糖のオリゴとは「少ない」という意味を表しており、オリゴ糖は別名少糖類と言われている糖質の一種です。

オリゴ糖というのはつまり甘味料の一つで、砂糖の親戚です。食べ物の中にオリゴ糖は含まれていて、その食べ物から作られるものを“天然オリゴ糖”と言います。

オリゴ糖の効果として有名なのが、特定保健用食品の表示許可が出されている

「お腹の調子を整える」効果です。

赤ちゃんから飲む事ができ、中でも、北海道産100%のビート(砂糖大根)から作られたカイテキオリゴという天然オリゴ糖が、ネット上で販売されており、口コミでも評判が良かったので、買ってみました。

【参考記事】

カイテキオリゴは赤ちゃんにも効果があるのか?

オリゴ糖は砂糖の代わりに使用でき、砂糖に比べてカロリーも半分で、ほのかな甘みなので、何にでも合います。

私は、おかゆに入れて炊いたり、野菜スープに入れたり、おかずに混ぜたりして、息子に与えてみました。

 

結果、お腹がごろごろいっているのは分かるのですが、息子には効果はそれほど分かりませんでした。うんちが少し緩くなったかな?位の程度でした。

ただ、私がコーヒーに入れて飲むと、その日から腸がぐるぐる、本当にお通じが良くなり、便秘気味の私の方が、毎日お通じがくるようになり、オリゴ糖のすごさを実感しました。

オリゴ糖は大腸にそのまま届き、悪玉菌をやっつけ、善玉菌を増やす効果があるのは、実感できました。

 

天然成分でできているので、是非試してみるのも良いかと思います。

 

 

色々試した結果、息子はお医者さんに見てもらったら、酸化マグネシウムを処方され、それを飲んでいます。

それからは緩いうんちが出るようになりました。

カイテキオリゴは効く子と効きにくい子がいるので、効きにくい子には1ヵ月以上かけてゆっくり使っていくと効果が得られるようになります。

一度、色々試してみて、それでもだめだった場合は、お医者さんに相談されると良いと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です