赤ちゃんの寝かしつけには「おひなまき」が最強だ!!

私は2人の子供がいますが、長女はとにかく良く寝てくれる子でした。なのに、2人目の長男は、とにかく寝ない!!本当に寝てくれなかった!

本当に悩んでいた時、妹から教えてもらった「おひなまき」のおかげで、今までが嘘のように、長男は寝てくれるようになりました。

その、魔法の寝かしつけを、今回はお話ししたいと思います。

赤ちゃんは なぜ すぐ起きてしまうの?

赤ちゃんはおむつが汚れていたり、お腹がすいているなどの原因の他に、精神的な事が原因で泣いてしまう事があります。

「モロー反射」と呼ばれる、赤ちゃんがびくっと手足を大きくびくつかせ、何かに抱きつこうとするその「モロー反射」に自分自身がびっくりしてしまい、泣いてしまう事がよくあります。

ママが寝たと思って、布団に赤ちゃんを置いた時にびくっと起きてしまうのがこのモロー反射ですね。

モロー反射をなくす為には?

バスタオルや、大きめのガーゼ等で赤ちゃんをぐるぐると包んであげると、モロー反射が減って、安心して眠れるようになります。

その、ガーゼで包む事を「おひなまき」といいます。

おひなまきをする事によって首の座りが早くなることや、うんちの出がよくなる事など、赤ちゃんにとっていい事が詰まっています。

又、包まれる事によって、ママのお腹の中にいた時のように、赤ちゃんにとっても安心感があるので、よく寝てくれるようになります。

おひなまきの仕方

  1. おくるみの四角形の角を1ヶ所だけ内側に少し折りこみ、折り目部分に赤ちゃんの襟足がくるように乗せる
  2. 赤ちゃんの手は真っすぐにおろして、左側の布を右の脇の下に向けて巻きつけて挟みこむ
  3. 足元に余った布を持ち上げて、胸元や首元に差し込む
  4. 反対側も同様、右側の布を左に向けて巻きつけて完成

巻くときのコツを伝授

おくるみを巻くときは、ゆるすぎず、きつすぎないようにするのがコツです。

ママの手が隙間に入る程度に調節してくださいね。

本当におひなまきのお陰で、長男がよく寝てくれるようになったので、おすすめします!是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です