赤ちゃんの「寝かしつけ」のコツ

赤ちゃんって、「夜泣きが大変」とか、「全然寝ない」って、よくいいますよね。うちの長女は、産まれたときから、めっちゃ良く寝てくれるし、バウンサーにのせたら一人で遊んでくれるし、本当に手をとらない子でした。

が、次の子もそうかと思っていたら、本当に寝てくれない!!本当に、不眠不休の日が続いて、ノイローゼになりかけました。

赤ちゃんの時から、こんなにもそれぞれ個性があるんだなと感じました。

それでもできる事なら、寝て欲しい!!それにはちょっとしたコツがあるんですよね。

今回は、「上手な寝かしつけ」のコツについてお話しします。

赤ちゃんにコテンと寝てもらう為には

赤ちゃんにすぐに寝てもらうためには、いくつか工夫が必要になってきます。赤ちゃんも大人と同じく人間なので、ある法則がいくつかあるので紹介します。

日中、たくさん体を動かそう

日中、十分に体を動かすと赤ちゃんの体は疲れを感じて自然に眠くなります。発達に合わせて、体を動かす事を意識しましょう。

地域の児童館などに行くのも、気分転換になっておすすめです。

「寝る→起きる」のリズムをつくろう

睡眠のリズムをつけるには、起床のタイミングも重要。朝昼晩の睡眠&起床のタイミングを固定していくとリズムがつきやすくなります。

朝お散歩に行くのも、太陽を浴びて気持ちがいいですよ。

赤ちゃんの心地いい「ツボ」を見つけよう

耳を触ってあげる、手を握ってあげるなど、赤ちゃんには寝かしつける為の「ツボ」があります。色々な事を試してツボを見つけると、寝かしつけが楽になります。

月齢の小さいうちは、タオルや大判ガーゼなどで赤ちゃんを包み込む「おひなまき」は最強です!

気持ちにゆとりを持とう

赤ちゃんにあったコツをつかむだけで、赤ちゃんにとっても、ママにとっても、良い事は間違いないですよね。ママは睡眠時間が確保され、自由時間も増え、少しでも子育てが楽に、楽しめるようになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です