焦りすぎ?赤ちゃんが自力でうんちができるまでは時間がかかる

赤ちゃんって、一日に何回もうんちをすると思っていました。

普通は、おむつをあける度にうんちをしているとイメージ…。

それが、息子は産まれて胎便を出して以降、自力でうんちが出た事が無かったのです。

出産後の入院中も、3日以上うんちが出ていなかったので、助産師さんが綿棒浣腸をしてうんちを出すというスタイルで、助産師さんも珍しくて驚いていました。

ちなみに私、二人目出産でしたが、綿棒浣腸とか知りませんでした。

綿棒浣腸は、綿棒にベビーオイルを塗って、お尻からゆっくり「のの字」を描くようにいれて、肛門に刺激をして、うんちを出すのです。

初めての綿棒浣腸

最初は本当にドキドキしますが、落ち着いてゆっくり入れていくと、途中ですーっと入っていく瞬間があるので、そこで又「のの字」を描いて、刺激してうんちを出してあげます。

 

綿棒浣腸は毎日しても癖にはならないので、毎日しても大丈夫です。

 

息子は、ほったらかすと5日もうんちを出さないので、助産師さんからは「3日うんちが出なかったら綿棒浣腸をして出してあげてください」

と言われていたので,3日に1日は綿棒浣腸をしていました。

それに、赤ちゃんは、力む力もまだまだ未熟なので、自力でうんちを出す力が無くて便秘になる子も多く、特に母乳は吸収されやすく、固いうんちになりやすいみたいです。

それでも心配で、結局4ヶ月は自力でうんちをした事がなく、本当にこの子、何かの病気なのではないかと思い心配でした。

身内に小児科医がいるので、聞いてみると「おならが出ていたら、腸が動いている証拠だから大丈夫。」と言われていたので、信じて、綿棒浣腸をし続けました。

その他にも、ベビーマッサージをしたり、お腹のマッサージをしたりと、私にできる事はしてみました。

それから、長い間息子は自力で出す事はできずにいました。

自分でうんちが出せるようになった

ある日、5ヶ月頃から、3日に一度のペースでうんちを出すようになり、本当にこの子は便秘体質で出なかったのかな?と思えるようになりました。

自力でうんちが出せるようになって、良かったです。

力がつくと、赤ちゃんはうんちを出せるようになるというのは本当でした。

赤ちゃんの時は、まだ自力でうんちする力がないということもあるので、無理にりきませてしまわないようにうんちが出ない時は、綿棒浣腸でお手伝いをしてあげたらいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です